ロシア語倶楽部  Russian Language Club

アクセント記号挿入

ロシア語フォントにはアクセント付きの母音を備えたものがありますが、日本語 Windows 環境の Microsoft Office Word などでは、フォントを特別にインストールしなくてもロシア語にアクセント記号を挿入することができます。 通常ロシア語文章にアクセント記号は入れませんが、ロシア語初学習者向けや自身の参照用にテキスト、資料にアクセント記号を入れる場合は、下記(Microsoft office 2016 Wordで説明)の手順で行うことができます。

Microsoft Office 2016 Word

  1. Word を起動します。

  2. 「挿入」タブより「Ω 記号と特殊文字」→「Ω その他の記号(M)...」を選択します。

  3. 「記号と特殊文字」ウインドウが開きます。
    ①「フォント(F)」に “Times New Roman” または “Arial” を指定します。
    ②「種類(U)」は [結合分音記号] を選択します。
    ③ アクセント記号を選択します。(記号一覧の下の「文字コード(C)」入力欄に ”0301” 入力)
    ④ 「ショートカット キー(K)...」ボタンを押します。

    設定画面


  4. 「キーボードのユーザー設定」ウインドウが表示されます。
    ここで次回から簡単に何回でもアクセント記号を挿入できるように「ショートカット キー」を設定します。
    ①「割り当てるキーを押してください(N)」の入力欄にアクセント記号を割り当てるキーボード上のキーを押します。
    ② 割り当てるキーは [Alt]キー との組み合わせにします。たとえば 数字の “ 0 ” 〒を割り当てたい場合は [Alt]キー を押しながら “ 0 ” を押します。
    ③ 「割り当て(A)」ボタンを押し「閉じる」ボタンを押して完了です。

    設定画面

  5. Word の入力画面でロシア語を入力し、アクセントをつけたい母音の後にカーソルを置き上記で設定したショートカット・キーを押します。
    ※このときロシア語を半角で表示できる “Times New Roman” または “Arial” などのフォント使用してください。全角で表示された場合は母音の後ろの方にアクセント記号が付きます。

    [例] Здра́вствуйте!