第5回 富山ロシア語交流クラブ「秋の集い」2008
トップページ > トピックス > 2008秋の集い
集合写真   ■日 時


■会 場



■参加者

2008年11月16日(日)
午前9時30~午後3時

富山県射水市放生津公民館
(あゆの風センター)
調理実習室、集会室

富山ロシア語交流クラブ会員
同上ロシア語講師
富山大学学生・留学生
日本在住ロシア人家族

富山ロシア語交流クラブとしての「秋の集い」も今年で第5回目を迎え、クラブメンバーの周到な準備とロシア語講師のエレーナ先生、イリーナ先生の絶大な協力の下、にぎやかで楽しい集いが開催されました。
ロシア料理も今回で3回目ということもあり、順調に段取り良く進みおいしい料理ができました。また、富山県に在住のロシア人などの子供達も多数参加し、一緒に料理を体験したり、楽しいロシアの子供向けの詩を元気よく発表してくれたりしました。お母さんやお父さんもその様子をみてとてもよろこばれていました。
  ≪主なプログラム≫
 

・ロシア料理実習と試食
・松井杯コンクール
 (アネクドート実演コンクール)
・「泣き虫ガーニャ」他朗読(新湊教 室)
・子供たちの詩の朗読(ТЕЛЕФОН
・カルタ取り(富山教室)
・スピーチコンテスト出場者発表
・記念撮影

 ロシア料理体験
今年のメニュー
  ЩИ
(シー)

シーはロシアの代表的なメニューの一つで、キャベツ入りのスープです。キャベツといっても発酵させてつくられた酢漬けのものを使います。ですから、ほんのり酸味があります。
もちろんこれ以外にも豚肉、ジャガイモ、ニンジン、玉ねぎなどたっぷりと具を入れます。食べる時にはスメタナ(サワークリームに似ています)をお好みで入れます。あっさり系のスープです。

 

БЛИНЫ
(ブリヌィ)

太陽を象徴したブリヌィは、春を迎えるころに行われるお祭りマースリニッツア(謝肉祭)に欠かせない料理です。
作り方は、生地ができればクレープを焼く要領です。イクラやキャビア、ハム、チーズ、スメタナ、ジャムなどいろいろ包んで食べるロシア版クレープです。

特製エキス?で生地作り
お料理がんばりまっす
エッ!切らないの?
??? 日本語で言ってよ…!
材料足りないみたい…

サインはVヨ?!

裏返すタイミングが肝心です
いつもやっているんですよ!
ちぎれた! 生地でつなぐ?
じっくりと待って返すのヨ!
子供向けに用意しました
男の子たちも真剣
 
 松井杯アネクドート実演コンテスト
 
Фиалка (すみれ)   2 места
 

Испанский аристократ, гостивший в Париже, однажды возвратился в гостиницу, где он остановился, поздно ночью. Он позвонил.
Сонный портье выглянул в окно и спросил:
― Кто там?
― Хуан Родригес Карамба-де-Пепето Гонзалес.
― Хорошо, хорошо, ― сказал портье, ― входите. Только пусть последний из вас не забудет закрыть дверь.

Лилия (ゆり)    
 

― Смит, почему этот господин так быстро выскочил из ресторана? ― спрашивает шеф официанта.
― Дело в том, что он попросил меня принести сосиски по-шанхайски, с соусом и арахисом... Я сказал ему, что готовых сосисок нет - но если он подождёт немного...
― И что же?
― Я пошёл сразу на кухню и случайно наступил там на хвост собаке, которая страшно завизжала... Господин тут же сорвался с места! Почему - ума не приложу...

Роз (バラ)   !1 место
 

― Папа, меня уже не называют самым плохим учеником!
― Молодец, Вася!Ты стал лучше учиться?
― Нет, к нам пришел новый мальчик, который учиться еще хуже!

Ландьш (すずらん)    
  Экзамен. Преподаватель задает студенту вопрос за вопросом.
Тот молчит.
― Ну, ладно последний вопрос:"Кто открыл Америку? "
Студент опять молчит.
― Колумб! ― кричит раздражённо преподаватель.
― Колумб!
Студент встает и начинает уходить.
Преподаватель:
― Куда это вы направляетесь?
― А я думал, вы следующего позвали.
 その他のアトラクション
 

●新湊教室 詩の暗唱発表
 Девочка-рёвушка
 Девочка чумазая
●富山県スピーチコンテスト
 出場者スピーチ発表
 
・朗読の部門 
   第1位 Аня 「りんご」
  ・スピーチ部門
   第3位 Миша
   「ロシア語とわたし」
   第2位 Максим
   「永久凍土と地球温暖化」

●子供たちによる詩の暗唱
  「ТЕЛЕФОН
      
К.И.Чуковский

新湊教室「ДЕВОЧКА-РЁВУШКА(子供の詩)」の朗読

新湊教室の皆さんにより「ДЕВУШКА РЁВУШКА(子供の詩)」を分担して暗唱されました
Аняの熱弁
Мишаのスピーチ
ТЕЛЕФОН
ТЕЛЕФОН
必死にカードを覚える
争奪戦
真剣そのもの
親たちも総立で観戦
 
 子供たちからの礼状
「秋の集い」が開催された翌日子供たちからお礼のカードが届きました。(クリックすると拡大表示されます)