Windows XP でのロシア語入力設定
トップページ > ロシア語とパソコン > Windows XP でのロシア語入力設定
1. Windows XPのコントロールパネルにある、「地域と言語のオプション」で設定します。
「スタート」→「コントロールパネル」→「日付、時刻、地域と言語のオプション」(クラッシック[スタート]メニューの場合は「スタート」→「設定」→「コントロールパネル」→「日付、時刻、地域と言語のオプション」)と開き、「言語」タブをクリックして下記のダイアログを表示します。
次に、「テキスト サービスと入力言語」にある「詳細(D)...」ボタンを押します。
2. 「テキスト サービスと入力言語」の詳細を開くと下記のダイアログが表示されます。
「インストールされているサービス」一覧の横にある「追加(D)...」ボタンを押します。
3. 「入力言語の追加」ダイアログが表示されますので、「入力言語」の「日本語」と表示されている窓の右端の小さな三角ボタンでロシア語を選択します。
4. 次に「キーボード レイアウト/入力システム」の窓に「ロシア語」と表示されます。この入力方式ではロシア文字「ё」は「半角/全角」ボタンを押すことで表示できます。また、「キーボード レイアウト/入力システム」の窓の右端にある、小さな三角ボタンで「ロシア語(タイプライタ)」を選択すると、キーボード右下の「/」ボタンがロシア文字「ё」になります。
5. 以上で、ロシア語の「ロシア語」または「ロシア語(タイプライタ)」が追加されました。
「地域と言語のオプション」のダイアログに戻りますので、[適用]、[OK]をクリックして設定を終了します。
●日本語とロシア語との切り替えは、入力状態で[Shift]キーを押しておきながら[Alt]キーを押します。[Alt]キーを押すごとに[JP]と[RU]が切り替わります。
6. ロシア文字のレイアウト
ロシア文字が入力できるようになってもレイアウトがわかりません。その場合、「プログラム」から「アクセサリ」→「ユーザー補助」→「スクリーンキーボード」を表示させれば配列一覧を見ることができます。
自分でシールを作ってキーボード・ボタン前面に貼っておくという手もあります。
私のつくったロシア語文字配列シールを下記のリンクからダウンロードできるようにしておきます。このファイルはPDFではがきサイズになっていますので、このサイズのシール用紙を買ってきて、ちょっと手間がかかりますが、カッターなどで切れ目を入れてピンセットなどで貼ってください。
ロシア語文字配列シールダウンロード

※上記リンクからダウンロードするときは、文字の上で右クリックして「対象をファイルに保存(A)...」をクリックするとダウンロードできます。(そのままクリックするとPDFファイルが開いてしまいます)