1.個数詞を使った表現(〇時〇分)

(1)「(いま)何時?」  Ско́лько вре́мени? (Кото́рый час?) に答える

かっきりとした時間(1時、3時、5時など)は個数詞と час の諸形を使って12時間制で表します。
このとき「ちょうど」という副詞 ровно をつけて表されることもあります。
公式発表、列車・飛行機の発着時間、ラジオの時間(24時間制の場合もあります)なども、個数詞で表されます。
日本語と同じように、まず時間を言って、その後に分を言います。

(час)
1時   →   час     [оди́н] час  [ ] は省略可
2(3,4)時 → часа́     два(три, четы́ре) часа́  
5(6, …)時 → часо́в    пять(шесть, ...) часо́в

◆分 (минута)
1分 → мину́та    [одна́] мину́та  [ ] は省略可
2(3,4)分 → мину́ты    две(три, четы́ре) мину́ты
5(6, …)分 → мину́т    пять(шесть, ...) мину́т

〔例〕 
1時         час     
2時         два часа́
5時         пять часо́в
5時2分      пять часо́в две мину́ты
7時15分     семь часо́в пятна́дцать мину́т
11時25分    оди́ннадцать часо́в два́дцать пять мину́т
17時30分    семна́дцать часо́в три́дцать мину́т
19時15分    девятна́дцать часо́в пятна́дцать мину́т
21時45分    два́дцать оди́н час со́рок пять мину́т

(2)「何時に?」  В кото́ром часу́? (Во ско́лько вре́мени?) に答える

副詞的に「〇時に(~する)」と、言うときは《в+対格》を用います。

〔例〕
1時に    в час  
2時に    в два часа́ 
5時に    в пять часо́в  

(3)ときには、日本語のように、朝、晩、夜中などが使われます

一日はふつう次のように区分されています。(1時間ほど前後する場合があります)

朝 午前4時~11時       у́тро (4 часо́в утра́ - 11 часо́в утра́)
昼 正午~午後4時        день (12 часо́в дня - 4 часа́ дня)
晩 午後5時~午後11時    ве́чер (5 часо́в ве́чера - 11 часо́в ве́чера)
夜 午前0時~3時        ночь (12 часо́в но́чи - 3 часа́ но́чи)

※区分にない時間帯がありますが、ここはどちらに属するか微妙で状況により使い分けます。

2.口語の順序数詞を使った表現(第~時の~分) 

口語の場合、分を先に言う表現を使います。
順序数詞を使った時間の表現では、最初に分を個数詞であらわします
次に時間を続けますが、このとき何番目の1時間かを順序数詞でいいます。

〔時間帯を順序数詞で表す言い方〕
0~1時(実際は0時59分代まで)を1番目の1時間 пе́рвый [час]
1~2時は2番目の1時間 второ́й [час]
・・・
11~12時は12番目の1時間 двена́дцатый [час] とします。

(1)時間に順序数詞を使った30分までの言いかた

個数詞で表す「分」の後に順序数詞の時間を生格の形で置きます。
このとき、通常 час は省きます。

〔例〕
0時5分    пять мину́т пе́рвого
2時20分   два́дцать мину́т тре́тьего
5時29分   два́дцать де́вять мину́т шесто́го

15分は通常 че́тверть (4分の1=4分の1時間)、
30分は поZлови́на (半分=2分の1時間)で表します。

〔例〕
7時15分   че́тверть восьмо́го
3時30分   полови́на четвёртого

※ここまでの時間の言い方で、副詞的に言うときは、《в+対格》を用いますが、口語ではвを省くことができます。ただし、 полови́на は、《в+前置格》で表しますので、вは省略することはできません。
 ― 5時30分に  в полови́не шесто́го   

(2)30分を過ぎてからの言い方

30分過ぎてからは、通常「~時~分前」と表現します。つまり「~分なしの~時」と言います。
たとえば、
2時50分の場合は「10分なしの3時」 без де́сяти три

2時45分前は「4分の1時間なしの3時」 без че́тверти четы́ре (4分の1も че́тверти と生格にします)
と表現します。
このとき、分をあらわす数字などは、前置詞 без を伴い、生格にします。
また時間は到達する時間を主格で表します。この際、分 (мину́та) や時 (час) は省きます。

〔例〕
3時55分(5分なしの4時)      без пяти́ [мину́т] четы́ре
5時45分(4分の1時間なしの6時)  без че́тверти шесть  
8時35分(25分なしの7時)      без двадцати́ пяти́ де́вять


3.練習(時間の表現)

1. 3時
2. 6時
3. 5時2分
4. 7時15分
5. 2時30分
6. 4時58分
7. 4時45分
8. 0時12分
9. 20時35分
10. 私の時計では、いま1時45分です。
11. 私は1時に来ます。
12. 私は6時5分にきます。
13. 彼は夕方5時にきたくしました。
14. 彼は午後3時15分に勉強を始めました。
15. 彼は8時10分前に来るでしょう。
16. 彼は2時15分頃に来るでしょう。
17. 列車は0時15分に出ます。

<練習の答え>
1. Три часа́.
2. Шесть часо́в.
3. Пять часо́в две мину́ты. / Две мину́ты шесто́го.
4. Семь часо́в пятна́дцать мину́т. / Че́тверть восьмо́го.
5. Два часа́ три́дцать мину́т. / Полови́на тре́тьего.
6. Четы́ре часа́ пятьдеся́т во́семь мину́т. / Без двух мину́т пять.
7. Четы́ре часа́ со́рок пять мину́т. / Без че́тверти пять.
8. Ноль часо́в двена́дцать мину́т. / Двена́дцать мину́т пе́рвого.
9. Два́дцать часо́в три́дцать пять мину́т.
10. На мои́х часа́х сейча́с без че́тверти два.
11. Я приду́ в час.
12. Я приду́ в пять мину́т седьмо́го.
13. Он верну́лся домо́й в пять часо́в ве́чера.
14. Он на́чал занима́ться в че́тверть четвёртого дня.
15. Он придёт без десяти́ [мину́т] во́семь.
16. Он вернётся о́коло че́тверти тре́тьего.
17. По́езд отхо́дит в ноль часо́в пятна́дцать мину́т.