1.日付の表し方(〇年〇月〇日)

(1)〇日の表現  Како́е сего́дня число́? (今日は何日ですか?)

単純に「今日は〇日です」という場合、その数詞は順序数詞の中性主格をもちいます。
ロシア語では、その月の〇番目の日という言い方をします。また、順序数詞を中性形にする理由は、「数」という名詞 число は中性形で、これと性を一致させるためです。
(註: число は省きます。また、ロシア語では 、数字の後に「日」は付けません)  

1日   пе́рвое   今日は1日(ついたち)です。 Сего́дня пе́рвое.  
2日   второ́е   今日は2日(ふつか)です。 Сего́дня второ́е.
3日   тре́тье   今日は3日(みっか)です。 Сего́дня тре́тье.
・      ・
・      ・
・      ・
29日  два́дцать девя́тое  今日は29日です。 Сего́дня два́дцать девятое.  
30日  тридца́тое        今日は30日です。 Сего́дня тридца́тое.
31日  три́дцать пе́рвое   今日は31日です。 Сего́дня три́дцать пе́рвое.

(2)〇月の表現  Како́й сейча́с ме́сяц? (今、何月ですか?)

「今は〇月です」と言う場合は、その月の名前を主格であらわします。
(月名は全て男性形です。)

 1月 янва́рь  2月 февра́ль  3月 март
 4月 апре́ль  5月 май  6月 ию́нь
 7月 ию́ль  8月 а́вгуст  9月 сентя́брь
10月 октя́брь 11月 ноя́брь 12月 дека́брь

(3)西暦年の表現

西暦で年を表す場合は、順序数詞(合成順序数詞)男性主格+ год をもちいます。

1922年   ты́сяча девятьсо́т два́дцать второ́й год
1991年   ты́сяча девятьсо́т девяно́сто пе́рвый год
2011年   две ты́сячи оди́ннадцатый год
ただし、2000年は  двухты́сячный год

(4)曜日の表現 Како́й сего́дня день? (今日は何曜日ですか?)

「今日は〇曜日です」は、曜日をあらわす名詞を主格で用います 。

月曜日 понеде́льник
火曜日 вто́рник
水曜日 среда́
木曜日 четве́рг
金曜日 пя́тница
土曜日 суббо́та
日曜日 воскресе́нье

今日は、月曜日です。
Сего́дня понеде́льник.

昨日は、日曜日でした。
Вчера́ бы́ло воскресе́нье

一昨日は、土曜日でした。
Позавчера́ была́ суббо́та.

明日は、火曜日です。
За́втра бу́дет вто́рник.

明後日は、水曜日です。
Послеза́втра бу́дет среда́. 

(5)〇年〇月〇日の表現

ロシア語の年月日は「〇年の〇月の〇日」と言います。
つまり、まず日にちを主格で、次に月の名前を生格で、最後に年をあらわす順序数詞を生格+ го́да にして表現します。

今日は、2011年7月17日です。
Сего́дня семна́дцатое ию́ля две ты́сячи оди́ннадцатого го́да.

明日は、2011年12月25日です。
За́втра бу́дет двадца́тое декабря́ две ты́сячи оди́ннадцатого го́да.

昨日は、2011年8月31日でした。
Вчера́ бы́ло три́дцать пе́рвое а́вгуста две ты́сячи оди́ннадцатого го́да.


2.期日の表し方(「〇日に…」など)

(1)「〇日に…」の表現

順序数詞を中性生格であらわします。(前置詞等はもちいません)

1日(ついたち)に   пе́рвого
4日(よっか)に    четвёртого
5日(いつか)に    пя́того   
12日に        двена́дцатого
25日に        два́дцать пя́того

(2)「〇月に…」の表現

в +月名の前置格であらわします。

(3)「〇年に…」の表現

в +順序数詞の男性前置格+ году́ であらわします。

(4)「〇年〇月〇日に…」の表現

日(順序数詞中性生格)+月(生格)+年(順序数詞男性生格)+ го́да

(5)「〇曜日に…」の表現

в +曜日名の対格であらわします。

月曜日に в понеде́льник
火曜日に во вто́рник
水曜日に в сре́ду
木曜日に в четве́рг
金曜日に в пя́тницу
土曜日に в суббо́ту
日曜日に в воскресе́нье

(6)「〇週に…」の表現

на +指示代名詞または形容詞女性前置格+ неде́ле (女性前置格)であらわします。

今週に  на э́той неде́ле
先週に  на про́шлой неде́ле
来週に  на сле́дующей (бу́дущей) неде́ле

(7)その他の「〇に...」

対格を使って:
 翌日に     на следующий день (на другой день)
 3日目に    на тречий день
 20歳の時に  в двадцать лет
 翌年に     на следующий год